熱処理加工・機械加工の大阪堺市の八田工業株式会社のご挨拶・会社概要・会社沿革等をご紹介

会社案内 Company

  • 大
  • 中
  • 小
  • 文字サイズ
  • English
  • 新着情報
  • HOME

HOME ≫ 会社案内

Check!
  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 沿革
  • アクセスマップ

ごあいさつ

八田工業株式会社 代表取締役 隅谷賢三

初めまして、八田工業です。

八田工業では金属の熱処理や機械加工などを行っておりますが、ここでは事業ではなく八田工業という会社について自己紹介いたします。

八田工業という社名の由来は、本社および工場が所在する堺市の八田という地名です。地名が社名になっていることからも分かるように、ここ堺の八田で創業し、今も地域に根をおろして事業を行っております。

地域密着の仕事をするということは、事業以外でも地域との関わりを積極的に持つことが求められます。当社としても様々な取り組みを行っておりますが、そのひとつがイルミネーションです。

八田工業は大黒橋交差点の角にあり、大通りに面しています。地元では「泉北2号線」と呼ばれる大通りには昼夜を問わずたくさんの車が行き来しています。この道にはバス停もあるのですが、夜になると歩道は暗く危険だという指摘が以前からありました。
そこで八田工業は、泉北2号線に面している部分を冬季はイルミネーションで彩るという活動を続けています。通る人に季節感を味わっていただくのと同時に、イルミネーションを明るく照らすことで少しでも安全に通行していただけるのではないかという想いを形にいたしました。

地域密着の精神は、八田工業本社のトイレにも表れています。当社のトイレは建物の外に設置してあるのですが、これは社員だけでなく、当社にお越しいただくお取引先の方や運送会社の方にも遠慮なく使ってほしいとの想いから、この場所を選びました。将来的にはさらに整備し、地域の皆様にも活用していただきたいという計画もあります。

お取引様だけでなく、地域全体に愛される八田工業を目指し、これからもできることから着実に取り組んでまいります。

このページのTOPへ

会社概要

社是 良い品を創意と熱意と人の和で

経営理念

1. 人間尊重を基本とし、社員の一致団結のもと収益を確保する体質を構築する。

2. 最高の技術、品質のサービスを提供することにより地域社会への貢献をする。

品質方針

「顧客ニーズの的確な把握と満足する製品を提供する」

会社が目指す姿勢

Clean, Safety, Humanity

社名 八田工業株式会社 Hatta Co., Ltd.
会社所在地 〒599-8265 大阪府堺市中区八田西町2丁18番40号
TEL 072-277-7227
FAX 072-277-8960
設立年月日 昭和54年5月21日
代表者 代表取締役社長 隅谷賢三
資本金 1,000万円
関連会社 株式会社 八田製作所
取引銀行 池田泉州銀行鳳支店、三井住友銀行鳳支店、近畿大阪銀行深井支店、商工中金堺支店
事業内容 金属熱処理加工(真空焼入れ、真空熱圧着、真空ろう付等)
金属加工(ワイヤーカット放電加工、細穴放電加工、研摩加工等)
金属材料販売・管理(ZDP189、ZDP189+ATS34三層鋼等)
工場規模 ●本社工場
敷地面積2075平方メートル
工場面積一階727平方メートル
工場面積二階231平方メートル
●第2工場
敷地面積330平方メートル
工場面積一階162平方メートル
工場面積二階119平方メートル
所属団体 堺商工会議所、日本金属熱処理工業会(西部金属熱処理工業協同組合)、泉州金属熱処理工業協同組合、大阪府立産業技術総合研究所(生産技術研究会)、関西大学先端科学技術推進機構(賛助会員)、大阪金属プレス工業会、大阪府経営合理化協会、大阪府鍛圧熱処理技術センター協力会
世界に羽ばたくISO規格
世界に羽ばたくISO規格

お客様のご満足を最優先させることを目指し、私共は2004年に国際品質保証規格ISO9001認証取得企業となることができました。
「ISO9000」シリーズは、ユーザーが製品や部品を購入する際の品質を判断する基準として、EC諸国を中心に50ヶ国以上が採用しています。

今回取得した「ISO9001」は、開発・設計から製造・検査・据付・アフターサービスに至る全段階で、メーカーの品質保証システムが購入者にとって信頼できるレベルにあるかを審査するものです。

JSA QMS EMS

ISO 9001

ISO 14001

JSAQ 1927

JSAE 1400

MS JAB

CM001

環境方針
環境方針

理念

八田工業(株)は蓄積した熱処理技術をベースに、常に業界のリーディングカンパニーに位置していきたいと願い、熱処理が加工部品の長寿命化を図ることによる環境への影響が少ないと考えられ、企業理念の一つ『Clean,Safety,Humanity』のスローガンの下、事業活動を通じて、環境への影響に配慮し積極的に環境保全活動を展開する。

環境方針

八田工業(株)は地球環境の保全活動が、人類共通の最重要課題であると認識。事業活動の遂行に当たって、環境への負荷を継続的に軽減し、将来にわたって適切な環境を維持出来るよう、環境マネジメントを展開する。

当社の事業活動に係わる環境に対する影響を評価し、著しい環境側面を特定して、環境目的・目標を定め環境保全活動を実施する。同時に汚染防止と自然保護に努めると共に、環境マネジメントシステムと環境パフォーマンスの継続的改善を図る。環境管理重点テーマとして具体的項目を以下に示す。

【1】消費エネルギーの削減

【2】主資材・副資材の削減

【3】用紙及び補助部品の削減

【4】廃棄物の削減

【5】環境負荷の少ない加工方法の提供

事業活動に関連する環境法令・条例・地域協定などを遵守する。

設定された環境方針の目標を達成するため、当社の環境目的・目標を設定し、全従業員が目標達成に向け展開を図る。環境目的・目標は定期的に見直しを行い、必要に応じて改正を行う。

環境方針は電子文書として又小冊子等にて全従業員に周知徹底を図る。外部からの要求に応じて環境管理活動について開示する。

協力会社及び仕入先に対しては、当社の要求事項を明確にし、伝達して理解と協力を求め、環境活動の輪を広げる活動を展開する。

このページのTOPへ

沿革

昭和54年5月 (株)八田製作所の熱処理部門を分離独立し、資本金600万で八田工業株式会社を設立。
(株)八田製作所の隅谷哲三常務取締役が新会社の社長となる。
昭和55年 増資により資本金1,000万とする。
昭和57年 イオン窒化装置(日本電子工業製)新設。
昭和61年 第一期新工場完成。
昭和62年 第二期新工場完成。
新工場へ全面移転。
昭和63年 イオン窒化装置(日本電子工業製)増設。
平成5年 9月より熱処理工場で24時間、平日・日曜・祭日、全稼動実施。
平成9年 日立金属株式会社製のナイフメーカー向超高級鋼ZDP189(粉末系ステンレス合金鋼)の総販売元となり、販売業務に着手。
平成13年 ZDP189+ATS34 三層鋼の販売開始。
平成16年 3月26日 ISO9001:2000認証取得する。
平成18年 10月2日「関西エコオフィス宣言」の登録事業所になる。
「ワイヤカット機通電コマの長寿命化」のテーマで、「関西大学科学技術振興会平成17年度技術開発賞」を受賞。
平成19年 隅谷栄三氏が常務取締役に就任。
株式会社日立建機ティエラ様より熱処理(浸炭)技術評価でA級の技術認定を受ける。
BMBで「社長ブログ」を開始。
平成20年 3月3日 ISO14001:2004認証取得する。
2008年堺ブランド「堺技衆」に企業認証される。
平成21年 八田工業株式会社設立30周年。
大阪府鍛圧熱処理技術センター協力会に入会。
平成22年 ISO9001:2008(更新)。
平成23年 ISO14001(更新)。
ISO9001(改定登録)7.3設計開発の適用除外の解除。

八田工業の歴史がもっと分かる

八田工業「ヒストリー」

※クリックするとPDFファイルが開きます。

このページのTOPへ

アクセスマップ

八田工業株式会社

〒599-8265 大阪府堺市中区八田西町2丁18番40号 【電話】072-277-7227

JR阪和線「津久野駅」バス停(4・5)より乗車、八田西町バス停すぐ。

南海高野線「北野田駅」より(浜寺公園行)八田西町バス停すぐ。

このページのTOPへ

  • 「熱処理加工」でできること
  • 「機械加工」でできること
年中無休 24時間受付!072-277-7227 どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください! 1個から受付OK! 夕方預かり翌朝お渡し!

熱処理屋 八田工業株式会社は、大阪府堺市にある真空熱処理専門工場です。当社では、真空熱処理やイオン窒化処理といった熱処理加工とワイヤーカット放電加工や細穴放電加工、平面研削加工といった機械加工を中心に、24時間365日、お客様にご満足いただける加工に努めております。上記以外にも、ガス浸炭、ガス浸炭窒化、光輝熱処理、サブゼロ処理、プレステンバー、ショット加工、歪み取りといった熱処理加工にも対応可能です。さらに当社では、熱処理加工のノウハウを最大限活かし、カスタムナイフの材料加工にも取り組んでおります。素材の特性を熟知したプロが最適な熱処理加工を施しますので、ナイフ愛好家のお客様もお気軽にご依頼ください。