大阪の八田工業株式会社が取扱うカスタムナイフ用粉末刃物鋼材ZDP189をご紹介

カスタムナイフ Custom knife

  • 大
  • 中
  • 小
  • 文字サイズ
  • English
  • 新着情報
  • HOME

HOMEカスタムナイフ ≫ カスタムナイフ材料について

Check!
  • カスタムナイフ材料について
  • 新材料について

八田工業のカスタムナイフ材料について

ナイフの材料に求められる性能とは、硬度や耐蝕性、充分な靭性などです。さらに、鑑賞に耐えるだけの美しさも必要です。当社が熱処理に携わる金属のプロとして、ナイフ愛好家の皆様が唸るような材料を開発したいと思い、日立金属株式会社とともに研究・開発したのが、刃物鋼「ZDP189」です。

驚異的な硬度や強靭性、耐蝕性、美観を併せ持つ
スーパーパウダー合金により、これまではできなかったナイフの新しい可能性が開かれています。

ナイフショップ様などではおなじみの材料となっておりますので、全ての愛好家の皆様に自信をもっておすすめいたします。

カスタムナイフ用粉末刃物鋼「ZDP189」について

ZDP-189は日立金属株式会社が開発した刃物用鋼材です。以下、日立金属株式会社のPR.1436資料からの引用です。

特長

ZDP189は粉末冶金技術により製造する新しいタイプの刃物鋼です。
均一微細なミクロ組織を有し、粗大炭化物を含まないため、刃付性が良好です。また、66〜68HRCの高硬度、高耐摩耗性が得られ、耐食性も良好のため、切れ味が良く、刃持ちも優れています。

焼入れ焼戻し硬さ テスト結果

カスタムナイフ用推奨熱処理条件

焼入れ 1,050°C×10′空冷
サブゼロ 液体窒素またはドライアイス
(焼入れ後すぐ実施)
焼戻し 150℃×2Hr空冷
(硬さ狙い:67〜68HRC)

焼入れ焼戻し後のミクロ組織を右に示します。極めて微細かつ均一な炭化物分布となっております。

靱性 テスト結果

焼入れ焼戻しした板材の10Rシャルピー試験結果をATS34と対比して示します。

靱性 テスト結果

「ZDP189」鋼と「ZDP189+ATS34」三層鋼の違いについて

ZDP-189鋼

ZDP-189鋼材は、HRC67の硬度から実現する切れ味の良さ、シャープなエッジラインの美しさ、ミラー仕上げの輝きの良さが特徴です。

ZDp189+ATS34三層鋼


このページのTOPへ

新材料について

UNDER CONSTRUCTION

このページのTOPへ

  • 「カスタムナイフ」の技術について
  • 「価格表」と「Q&A」
年中無休 24時間受付!072-277-7227 どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください! 1個から受付OK! 夕方預かり翌朝お渡し!

熱処理屋 八田工業株式会社は、大阪府堺市にある真空熱処理専門工場です。当社では、真空熱処理やイオン窒化処理といった熱処理加工とワイヤーカット放電加工や細穴放電加工、平面研削加工といった機械加工を中心に、24時間365日、お客様にご満足いただける加工に努めております。上記以外にも、ガス浸炭、ガス浸炭窒化、光輝熱処理、サブゼロ処理、プレステンバー、ショット加工、歪み取りといった熱処理加工にも対応可能です。さらに当社では、熱処理加工のノウハウを最大限活かし、カスタムナイフの材料加工にも取り組んでおります。素材の特性を熟知したプロが最適な熱処理加工を施しますので、ナイフ愛好家のお客様もお気軽にご依頼ください。